ページデンタルクリニックのブログ

  日・祝
09:00〜13:00
14:30〜19:00

休診日:日曜日、祝日

tel.048-729-6483

〒362-0072
埼玉県上尾市中妻3-13-12
フロール・デ・セレッソ103号室

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • キッズルーム・託児
  • 電話
  • メニュー

  • 2020年7月からの託児ご利用について

    ★オムツお預かりについて★

    今までは、必要に応じてオムツをお預かりしていましたが、感染予防のためお預かりは致しません。

    ですが便が出てしまった時などは、スタッフがお声かけ致しますので保護者の方がお取り換えをお願い致します。託児室に入る前にもオムツの確認をお願い致します。

    ★水分補給について★

    今までは、必要に応じて麦茶やお水などお預かりしていましたが、感染予防のためお預かり致しません。

    託児室に入室する前に水分補給を行って下さい。また、託児中喉が乾いてしまい飲みたいときは、スタッフがお声かけ致しますので保護者の方が水分補給をお願い致します。

    ★玩具について★

    感染予防のため託児で一度使用した玩具を消毒致します。そのため、好きな玩具を2つ(おもちゃ表から)選んで託児室で遊んで頂きます。

    家庭からの玩具、ぬいぐるみは極力託児室には、お持ち込みはご遠慮下さい。

    ★託児室ご予約について★

    密室・密接を避けるため、託児室入室は一家族一組とさせて頂きます。ご予約が取りにくい場合は、スタッフにご相談ください。

  • アベノマスク回収します

    アベノマスクが不要でおうちに眠ってしまっている方、使用しない方は

    医院で回収させていただき必要な方へお渡ししたいと思います。

  • WITH コロナ 〜6月からの診療につきまして〜

                         地域の皆様へ

    4月、5月は感染対策にご協力いただき誠にありがとうございました。

     

    4月5月と比較すると感染者数も減りホッとする反面、感染者数が少ない=ウイルスが消滅ということではありません。しかし、コロナが発症した頃と比較すればコロナウイルスの対処法なども少しづつ様々な研究が進んでいることは間違いありません。いずれはワクチンが開発され、インフルエンザ同様私たちと一緒に共存していくようになりかもしれません。

     

    今回のコロナでは歯科医師・スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、私たちは新型コロナウイルス感染症の感染拡大以前から、ウイルス感染対策 (肝炎・エイズ等) を行っております。

     

    現在のところ、我が国では、歯科治療を通じて歯科医師や歯科衛生士から患者さんへ診療を通し感染した事例の報告はありません。

    緊急宣言後に1、2ヶ月ぐらいならとメンテナンスの患者様のご予約の延期をさせていただきましたが、3・4・・・・ヶ月となると、、メンテナンス、健康な方々でも環境の変化による口腔内の変化など大丈夫かな?お子さんたちの虫歯進行していないかな?離乳食の進み具合大丈夫かな?など考えてしまいます。

     

    現在の歯科医療の現場は、消毒液やマスクなどの医療資材不足や、新型コロナウイルス感染症に関する新しい知見を踏まえた、より高度な感染防止対策を講じるため、一時的に診療内容の制限や休診などを行わざるを得ない状況もありますが、

    6月からはメンテナンスなどの診療も再開をいたします

           −    誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ −

     命を守るためにも、口腔ケアが大事です      

     

    ・歯の痛みを我慢すると、食事が摂れなくなり、体力・免疫が落ちてしまいます。

    ・糖尿病や人工透析中など持病がある方は、歯周病の悪化が全身状況の悪化につながる可能が高くなります。

    ・口の中が不衛生だと、細菌性の肺炎リスクが上がり、新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際、重症化しやすいことが知られています。介護現場等での口腔環境の悪化は、特にリスクを高めます。

     

     

     

    しかし、冒頭にも述べたように緊急宣言の解除はコロナが消滅したわけではありません、今後の第2、3波も考え当院では引き続き緊急宣言時と同様の感染対策のもと診療を行っていきます。(時短診療・木曜休診など)

    そのため、みなさまにもご協力をお願いすることが増えるかと思いますが、どうかご理解ご協力のほど

    よろしくお願いいたします。

     

  • 5月の臨時休診について

    緊急宣言の延長に伴い、通常より診察を行う患者さま、またスタッフを少なくし

    診療を行っているため安全を考慮し

     

    5月14・21・28日の木曜日を臨時休診となります

    ご不便をおかけいたしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。

     

  • 日本歯科医師会より国民の皆様へ

    国民の皆様へ

    現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、 歯科医療機関には、緊急性が少なく延期しても大きな問題がない治療、

    定期健診、訪問診療などの延期の検討をお願いしています。

    また治療の延期の際には、対面せず電話などで指導をさせて いただくことがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

    一方、治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や 全身へ影響を及ぼすことがあります。

    歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での 口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが

    生じることが懸念されます。

    義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。

    このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

    不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥性肺炎や ウイルス性疾患の予防につながります。

    毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。

    歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、

    これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません。

    更に感染予防策を徹底し、国民の皆様の健康を守るために取り組んでいきます。

     

    公益社団法人 日本歯科医師会

    https://www.jda.or.jp/corona/